髭の永久脱毛の方法【電気脱毛・針脱毛】

現在ある、治療の中で電気脱毛・針脱毛が確実に永久脱毛できる方法です。光脱毛やレーザー脱毛に比べて毛が生えなくなるまでの期間や効果に期待できる治療方です。また、個人差もなく痛みは伴いますが、安全性も保障されています。

医療機関で電気脱毛や針脱毛は受けられない

電気脱毛は確実に毛根を狙って脱毛するため、確実に脱毛できる方法です。しかし、医療機関では電気脱毛を行っていないため、現在治療を受けるためには美容エステによって受ける必要があります。医師が治療しないため、安全性について心配になる方がいます。しかし電気脱毛自体は数ある脱毛方法の中でも、最も安全性の高い方法です。

電気脱毛・針脱毛の方法

0.005~0.15mmほどの絶縁針を毛穴の1本1本に差し、電気をや高周波を流します。毛穴に直接差すため、肌のダメージもなく毛根と毛母細胞を破壊して毛を生えないようにします。

強力な電気を流すため、痛みを伴うことがほとんどです。治療を受けた方の全てに「かなり痛い」「血が出そう」とチクチクした痛みを感じている方が口コミにも多くありました。

電気脱毛・針脱毛のメリット

  • 確実に永久脱毛できる
    個人差に関係なく、毛を元から破壊するため永久脱毛できる確実な方法です。
  • 安全性は高い
    治療自体は永久脱毛の中でも最も安全性の高い方法です。肌にダメージを与えないため、敏感肌の方でも受けることができます。
  • 後遺症も少ない
    肌自体に影響が出ないため、治療後に毛穴がヒリヒリすることはあっても1日ほどで病みます。他の方法では腫れや炎症を起こす危険性を伴います。また治療を行っていくうちに後遺症はほとんどなくなります。
  • 脱毛を実感できるまで短い
    治療の中で「永久脱毛できた」という実感が沸くまでの期間も短いです。それだけ永久脱毛の効果が高いことを意味しています。

電気脱毛・針脱毛のデメリット

  • 治療が痛い
    針を毛穴1本1本に差すため痛みを伴います。脱毛方法の中でもトップの痛さとも言われています。「逆にこの痛さが脱毛できている実感がわく」と言う方もいるぐらいです。
  • 施術時間がかかる
    毛1本1本に針を差すため、施術箇所によりますが1~2時間ほどの施術時間を要します。他のレーザー脱毛・光脱毛は短ければ10分程で終わります。
  • 費用が高い
    確実に永久脱毛できる代償にかかる料金は脱毛方法の中でも1番高いです。金額設定も毛1本に対して○○円となっているため、施術箇所によって大幅に費用がかさみます。

永久脱毛できる方法は電気・針脱毛しかない

デメリットをみても、「確実に脱毛したい」と思う方には電気・針脱毛をおすすめします。他のレーザー脱毛や光脱毛では「毛が生えにくくなった」と思うことしかなく、「脱毛できた」という実感はわきにくいものです。費用が高いことも「永久に脱毛できるなら」と納得して施術を受けている方も多いです。

髭の永久脱毛の方法【レーザー脱毛・光脱毛】

現在ある脱毛方法はレーザー脱毛・光脱毛・ニードル脱毛と大きく分けて3つあります。中でも刺激が少なく髭脱毛の方法で多く用いられてるのが、レーザー脱毛と光脱毛です。この2つの方法がどういったものか説明していきます。

ヒゲ脱毛の方法とそれぞれのメリット・デメリット

髭を永久脱毛する際に、レーザー脱毛と光脱毛は多く用いられている方法です。それぞれの方法とメリットデメリットについて紹介していきます。「髭を永久脱毛しよう」と考えている方の参考にして頂ければと思います。

レーザー脱毛の方法

医療用レーザーによって、単一に脱毛していく方法です。メラニンに反応するレーザーを毛の1つ1つに照射して毛穴の奥にある毛母細胞を熱破壊します。出力が毛の1本に集中するため高い脱毛効果を得ることができます。

レーザー脱毛のメリット

  • 高い脱毛効果
  • 1回の施術時間が短い
  • 医療用のため、その後のケアもしっかりしている
  • 脱毛完了までの回数が少ない
  • 皮膚の状態を確認しながら照射できる

レーザー脱毛のデメリット

  • 黒い毛に反応するため、薄い毛には反応しづらい
  • 日焼け時にできない
  • シミやアザにも反応する
  • 痛みを伴う
  • 費用が高い

光脱毛の方法

当てる光が複数の波長を含んでおり、広範囲に照射します。そのため、出力がレーザー脱毛より弱くなります。レーザー脱毛は威力が強いため、専門医にしか扱えませんが、光脱毛は出力を一定にしているため、誰でも扱えます。そのため、対応しているクリニックやサロンが多いです。

光脱毛のメリット

  • レーザー脱毛よりさらに施術時間が短い
  • 費用が安い
  • 痛みが少ない
  • 安全性が高い
  • 家庭用脱毛器もある

光脱毛のデメリット

  • 黒い毛に反応するため、薄い毛には反応しづらい
  • 永久脱毛として認められていない
  • 日焼けできない
  • 乾燥肌になる可能性がある
  • 軽い炎症にこともある

光脱毛は出力がレーザー脱毛より抑えられているため、刺激は少ないですが、その分脱毛効果が薄まる可能性が高いです。

最大の違いは施術期間

レーザー脱毛と光脱毛の大きな違いは施術期間にあります。短い期間で効果を得たい方は刺激のあるレーザー脱毛がおすすめです。長い期間で刺激を少なくしたいなら光脱毛です。費用対効果を考えるとどっちが良いとは言えません。どちらも永久脱毛の効果的な方法です。最近のレーザー脱毛は常に刺激を抑えたものが多く、高い出力のまま刺激を抑えることに改良を重ねています。

髭の永久脱毛は病院・皮膚科・クリニック、どこがいい?

髭を永久脱毛するならクリニックで行うことをおすすめします。「髭を脱毛しよう」と考える多く方が美容目的です。そういったことからクリニックは実績も多く、「どこの部分をどのように」という要望にも対応してくれます。

クリニックのここがスゴイ

脱毛実績の多いクリニックでは要望に合わせて髭を脱毛してくれます。髭と一言で言っても、口周り(鼻下・アゴ・アゴ下)、頬、首の大きく分けて3つの部位に分かれます。クリニックでは部位に分かれて脱毛を受けることができます。

髭脱毛は回数無制限

髭を永久脱毛するために、1度の通院では脱毛することができません。髭の濃さや太さは個人差が出てくるため、人によって「永久脱毛できた」と感じ方が異なります。

そのため、ほとんどのクリニックでは3年~4年間の間で通院する回数を無制限にして料金を出しています。その間であれば、何度でも通院することができます。

クリニックの脱毛料金の相場は4~6万円前後となっており、月に1度通っても一回にかかる費用は美容院に行くより安く済みます。

治療時間も短く効果も高い

クリニックでは最新の脱毛機器を揃えており、治療時間や施術回数を短縮できるように考えられております。脱毛は肌に刺激があるため、多用することはできません。そのため、1度の脱毛で髭を長期的に抑えられる持続性が大切になってきます。

実感できなかったときの返金制度

クリニックで行われる脱毛のほとんどのコースに、返金制度を設けてあります。脱毛で大切な実感力を高めるものとして、クリニックも消費者が納得できるように考えられております。また、「1度だけ受けてみよう」という方にも対応して1回だけ試すプランもあり料金を抑えて脱毛を受けることができます。

わからないことがあれば無料カウンセリング

クリニックは病院と異なり、脱毛のプロが無料でカウンセリングをしてくれます。永久脱毛は支払う費用が高いため、「本当に永久脱毛しても大丈夫か」と不安に思う方でも、「無料であれば」という悩んでいる方にも積極的に対応してくれます。

永久脱毛はクリニックで受けるべき

「髭、永久脱毛」とネットで調べてみても、トップに来るサイトのほとんどがクリニックのHPです。そのことからも実績や利用者が多いことを感じられました。永久脱毛に関しては、1番大切にすべき実感力を求めてしまうと多少費用が高くてもクリニックで受けることが1番なのかもしれません。

髭を永久脱毛するメリット・デメリット

髭を永久脱毛するときに、なくなったときのことを色々を考えませんか?「本当にやっていいものなのか?」と不安になる方もいます。もともと体質で毛が濃くなってしまう方がほとんどで、ある意味自分の特徴の1つを消すことになります。それでも「永久脱毛したい」と思いたい方にはそれなりの理由があると思います。

髭は永久脱毛してもいいの?

結論から言うと、髭を脱毛することで肌が荒れにくくなります。髭を剃る行為自体が及ぼす肌のダメージは強力です。そのため、脱毛して髭がなくなるだけでも肌荒れ改善になります。

髭を永久脱毛するメリット

主に髭を永久脱毛することは良いことが多いように感じられます。そのメリットを紹介していきます。

  • 肌荒れが軽減される
    髭を剃る行為は肌を傷つけています。刃が肌に触れているため、敏感肌の方であれば、炎症を起こすことにもなります。その行為の頻度が減ります。
  • 青髭がなくなり清潔感が増す
    髭の濃い方は剃っても青髭が濃く残ってしまい、見栄えが良くありません。脱毛することで見栄えの悪い青髭も防止できます。
  • 朝の時間が短縮される
    髭は毎朝剃る方もいます。そのため、その時間をなくなり朝の時間が短縮されます。およそ約5分は時間に余裕ができます。
  • キスする時にチクチクしない
    どんな男性でも、夕方になってくると髭が伸びてきます。そのため、朝剃っても夕方にはチクチクする状態になっています。女性とキスするに相手に不快な思いをさせることはありません。

髭を永久脱毛するデメリット

「永久脱毛して後悔することあるの?」と思う方もいますが、実際は絶対いないとは言えません。そのデメリットを紹介していきます。

  • 脱毛してもまた生えてくる
    永久脱毛しても一度では完璧に脱毛できません。そのため、永久脱毛を何度も受けることになります。
  • 髭を使ったオシャレができない
    髭をファッションの一環として捉えている方もいます。そのため、髭がないことで物足りなさを感じることになります。
  • 「髭が好き」という女性のウケが悪い
    世の中には「髭が好き」という女性もいます。髭から色気や大人っぽさを感じるそうです。

永久脱毛する方が体には良い

髭を脱毛することによって得られるものは身体的ストレスの解消です。時間の短縮、肌荒れ防止、清潔感といった自分のことに関することです。逆にデメリットはどれも相手や周りの人に関することばかりです。従って、自分にとってはメリットしかないように思います。

髭を生やしていると肌荒れやニキビができやすい

髭は生やすと、雑菌が増えやすくなりニキビができやすくなります。伸ばした口周りにある髭は特に汚れやすいです。飲み物や食べ物で汚れた際にたとえティッシュで拭きとっても見た目がきれいになっても、髭の中は雑菌まみれです。

髭は伸ばすとニキビの原因になる

髭は伸ばすと汚れが付着しやすくなるだけではありません。汗もかきやすくなります。どちらも、髭に付着して残ることで雑菌が増殖します。増殖した菌は肌に刺激を与えて、ニキビを作り出します。ニキビは雑菌が多くてもできる可能性が高いといわれており、髭を生やすことで自らニキビのできやすい肌環境を作っています。

髭を生やしてもニキビを予防する方法

ニキビができやすい肌環境になってしまうことを前提に考えても、「髭を生やしたい」と思う男性に向けた予防する方法を紹介します。

洗顔はなるべく刺激の少ないものを使用する

何を食べたり、飲んだりして髭についているかわかりません。基本的に洗顔は水だけでも十分に汚れは落ちますが、髭のように何が付いているかわからない部分は刺激の少ない洗顔料で落としましょう。

刺激の少ないものの代表に界面活性剤フリー、アルコールフリー、香料フリーのものなどがあります。また、肌の油分が落ちすぎないものを選びましょう。

汗をかいたらすぐに拭き取る

汗の成分によって、顔がべたつきます。これは、常に分泌されている皮脂が浮いていることからです。そのため、汗の水分はタオルで拭き取ることはできますが、皮脂はあぶらとり紙や化粧水を含ませたティッシュで落としましょう。もし手元にタオルしかない場合は蒸しタオルが効果的です。

食生活を改める

食生活で皮脂の分泌を過剰にするものがあります。たんぱく質や油ものはもちろん、白砂糖を使ったお菓子もニキビの原因を作り出します。髭の下に隠れた肌だからこそ、いざ生やす際には改めることで見直しましょう。

男性ホルモンの分泌を抑える

体内の男性ホルモンの分泌が増えるだけでも、皮脂は過剰に分泌されます。「髭を生やしたい」と思ってニキビも予防したいなら極力以下のことは避けましょう。

  • SEXやオナニーといった性的行動
  • 過度な筋力トレーニング
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 偏った食生活

どれも男性ホルモンの分泌を過剰にします。

髭は生やしてもデメリットばかり

肌環境が悪化することが分かっていて、髭を生やすことは無謀に思えます。また、周りの方が持つ髭の印象はどれもマイナスなイメージばかりです。髭を生やして荒れるものは肌だけではないように感じます。