ヒゲ脱毛前は髭を深剃りして行かない方がいい

結論から言うと、ヒゲ脱毛前に深剃りをしても問題ありません。しかし、治療に問題なくても、治療後の肌荒れが悪化する可能性があります。また毛を残しておくことが大事なため、ヒゲ脱毛前に抜くことは避けましょう。レーザー脱毛や光脱毛はメラニンの色素に反応するため、毛がない場所には意味がありません。

ヒゲ脱毛は髭を残すことが大切

ヒゲ脱毛の効果を高めるために、毛を残しておくことが大切です。中でも、毛を抜いておくことはヒゲ脱毛前の準備として逆効果です。

光脱毛やレーザー脱毛はメラニンに反応する

光を照射する光脱毛やレーザー脱毛はどちらもメラニンに反応する光を照射します。そのため、毛を抜くことで光が毛に反応しなくなり上手くいかない可能性が高いです。

さらに深剃りして肌にダメージを与えない

もしあたなが、深剃りして肌が傷つきやすく荒れてしまう方はヒゲ脱毛前に深剃りしない方がいい。これは機械が反応しづらくなる以前の問題で、肌が荒れた状態で光脱毛やレーザー脱毛を受けると、さらに肌荒れを悪化させます。いくらメラニンだけに反応する光でも、治療後に肌が一時的に腫れや炎症を引き起こします。

口周りは荒れやすい

常にヒゲを生やす口周りは、デリケートな存在でもあります。人は守るべきところに毛が集中するため、ヒゲを剃ることで剃った部分が敏感になりやすくなっています。脱毛の効果に問題なくても、治療後に問題が出る可能性が高いです。必要であれば、治療前にパッチテストを行うことをおすすめします。

治療後の安全性はニードル脱毛が高い

治療後の腫れや痛みの安全性に関してはニードル脱毛がおすすめです。治療後に少しヒリヒリしますが1日程度で収まることや、肌に対してダメージを与えず、毛穴のみ効果があります。脱毛方法の中でも確実に永久脱毛でき、さらに安全性も高いことで有名です。

治療後を考えて肌に刺激を与えない

ヒゲ脱毛することを考える上で、治療後のことを考えておくことも大切です。治療に問題なくても、治療の後遺症が残ってしまうのは致命的です。脱毛は普通の状態でも肌に負担がかかる治療のため、治療前にあえて肌を傷つけるような深剃りは避けるべきです。また、光脱毛やレーザー脱毛は日焼けした肌にできないと言われており、いかに肌が通常の状態いることが大事であることを意味しています。