ヒゲ脱毛後に肌が赤く腫れてしまう場合の対処法

ヒゲ脱毛後に腫れたときは冷やすことや保湿することで抑えることができます。その炎症の原因は乾燥やレーザー照射による火傷からきています。中でも肌が弱い方はレーザーの出力を下げても赤く腫れてしまいます。そのため、ヒゲ脱毛後には必ず対処しないといけません。

ヒゲ脱毛後に腫れたときの対処方法

ヒゲ脱毛は毛を照射して毛根を焼ききるため、相当なダメージを肌に与えます。そのため毛根が強い方や毛が濃い方は出力が強くなり、肌が傷つき腫れます。

オロナイン軟膏で殺菌と保湿

家庭の常備薬にオロナイン軟膏があります。ヒゲ脱毛で肌が赤く腫れる際に、肌のバリア機能が低下して菌が入り込んだことが理由になる可能性があります。その際の対処方法にオロナイン軟膏が向いています。また保湿も同時に行ってくれます。クリニックでも脱毛後にアフターケアをすることをおすすめされます。

アフターケアにおすすめのメンズコスメ

赤みがなくなっても保湿は大切

ヒゲ脱毛後3日ほど肌が赤く腫れます。腫れが引いた後も肌のバリア機能が完璧に戻ったわけではありません。脱毛後は数週間かけて毛が抜けてきますが、毛が抜けて肌があらわになるため乾燥しやすくなります。そのため、保湿は継続して行う必要があります。

それでも赤みが止まらないとき

以上の方法でも赤く腫れが止まらない場合は、皮膚科に行きステロイド外用薬を処方してもらいましょう。ステロイド系は副作用が気になってしまい使いたがらない方も多いですが、短期間で多用することを控えれば、すぐに治すことで副作用を抑えられます。

赤みや痒みで手で肌を触れるよりはダメージを最小限に抑えるためにはステロイド外用薬を使うことも止むを得ないこともあります。

赤みや一時的でもヒゲ脱毛する度に肌は荒れる

ヒゲ脱毛後に肌が荒れることは一手時期でも、ヒゲ脱毛の治療を受けるたびに肌が荒れます。そのため、ヒゲ脱毛の治療も効果的にヒゲが脱毛できるものを受けましょう。肌は年齢を重ねていく度に再生能力も下がってくるため、大切に扱っていきましょう。

また治療方法が最新になればなるほど、治療後の赤みや腫れを抑えられるものばかりです。「ヒゲ脱毛を受けたい」と思っている方の中で少しでも肌が弱いと思う方は最新の治療方法を受けることをおすすめします。

肌が強いと思っていても、一度照射テストを受けて肌の刺激を体験したほうが良いでしょう。