髭の永久脱毛ができる脱毛クリーム・除毛クリームはありますか?

脱毛クリームや除毛クリームで永久脱毛はできません。どちらも毛を溶かす成分は含まれており、毛を処理することには向いています。しかしどちらも毛穴の奥にある毛母細胞を破壊できるほど、強力なものではありません。

脱毛クリーム・除毛クリームの効果

どちらも、毛を処理するために使われます。そのため、どちらも毛を溶かして短くします。剃るより毛先が丸くなり、肌触りが良いため多用している方も多いです。

どちらの成分内にもたんぱく質を溶かす成分が含まれており、成分のほとんどがアルカリ性で表面に生えている毛を全て溶かします。

なぜ脱毛クリームや除毛クリームで永久脱毛できないの?

毛を溶かすほどの成分が配合されていても、毛の根元を溶かすほど強力なものではありません。従って、どちらのクリームも毛を溶かすことには優れていても、毛を作り出す毛母細胞には無意味というわけです。

塗り続けることで肌がツルツルした状態を保てる

どちらのクリームも塗り続けることで毛を処理し続けることができます。しかし、どれだけ塗っても毛は生え続けるため、脱毛効果は髭剃りと差はありません。変わるのは肌触りだけです。

抑毛ローションとの違いは?

毛を薄くするために抑毛ローションを塗っている方もいますが、抑毛ローションをいくら塗っても毛が薄くなることはありません。そのため、毛の処理に向いておらず、抑毛ローションができることはせいぜい肌をしっとりと保湿させることぐらいです。

肌に刺激が少ないため、塗っている感覚は抑毛ローションの方が使いやすいかもしれません。

脱毛クリーム・除毛クリームは肌荒れの原因になる

除毛クリームや脱毛クリームは毛のたんぱく質を溶かすために効果的ですが、塗ることで溶けているものは、毛だけではなく肌のたんぱく質も溶けてしまいます。

肌のタンパク質が溶けることによって乾燥しやすくなり、皮脂の過剰分泌による皮脂詰まりやニキビといった肌荒れを起こします。そのため、使用上の注意にも顔やデリケートゾーンに使わないように記載しているものもあり、使ったとしても自己責任となります。

脱毛クリームや除毛クリームを使うより脱毛したほうが安い

脱毛クリームや除毛クリームのように刺激もあり、終わりのこないことをするより、永久脱毛で髭を脱毛したほうが安く済みます。一時的にかかる費用は高くても長い目でみれば、脱毛のほうが安くなります。また、脱毛は年齢を早ければ早いほど元が取れるとも言われており、無駄に他の処理方法にお金をかけることを避けられます。