永久脱毛した髭をもう一度生やすことはできませんか?

結論から言うと生える可能性はあります。ただニードル脱毛やレーザー脱毛のように、毛を生成する毛母細胞を完全に破壊する治療法で脱毛を行った場合は可能性は低いです。しかし「もう一度生やしたい気持ち」があるのなら光脱毛で脱毛することをおすすめします。

もう一度生やしたい気持ちが残っているなら光脱毛

脱毛方法の中でも、永久脱毛として認められているものはニードル脱毛とレーザー脱毛です。中でも個人差に関係なく脱毛するニードル脱毛は効果が1番あります。光脱毛は永久脱毛として認められておらず、通院し続けることで脱毛ができる「終わりのこない脱毛方法」です。そのため、通院を止めるだけで自然と毛が再び生えてきます。

永久脱毛ではもう一度はやすことは難しい

永久脱毛と認められているものでも、アメリカのFDAにの基準を満たすものを言いその定義が「脱毛の治療後から1ヶ月ので毛の再生率が20%以下の場合」ということを指します。そのため、たとえ、永久脱毛と認められているものでも、「一生生えない」というわけではありません。しかし人によっては全く生えることがない方もいます。

すぐに髭を生やしたいなら植毛

この場合はニードル脱毛やレーザー脱毛で永久脱毛した方におすすめする方法です。どちらも「〇年で生えてきます!」と断定することはできないため、急ぎで髭を生やしたなら植毛です。費用は脱毛以上にかかるため、脱毛した後にすることはおすすめすることはできません。世の中には髭が生えなくて、「髭を植毛して生やしたい」と思っている方も多いです。

髭を生やすためにAGAの商品を使っても意味がない

もう一度髭を生やすためにAGAのように髪を生やす商品を使うことは止めましょう。AGAの商品は毛母細胞があることで効果が期待できるため、もう毛母細胞のない永久脱毛した方にとっては効果は期待できません。また、成分内には血行を促進させる成分があり、髭に塗ると刺激が強く肌荒れを起こす原因にもなります。

髭を永久脱毛しても後悔することはない

髭を永久脱毛するために、1度の通院ではできません。もしあなたが「永久脱毛」できるまで通院できたなら、それまでに覚悟が決まっていることを意味しています。

永久脱毛できるまで、最低でも1年以上はかかるためその間で何度か考え直すチャンスはあると思います。永久脱毛できることで肌荒れがなくなったり、髭を剃ることがなくなり時間の余裕もできたことを体験できます。

その「得たもの」と天秤にかけても永久脱毛したことを後悔することはないように私は思います。