髭の永久脱毛で「エステ」に通ってはいけない理由

髭を永久脱毛するときはそのエステにニードル脱毛があるか確認しましょう。「エステに行ってはいけない」という理由に、光脱毛しか行っていないことがあります。光脱毛で永久脱毛をすることは到底できません。そのため永久脱毛したいなら、はニードル脱毛か医療レーザーを使ったレーザー脱毛にしましょう。

エステで光脱毛しても永久脱毛できない

光脱毛は脱毛方法の中でも手軽で治療方法が簡単なため、医師(プロ)でなくてもできてしまいます。そのため、現在では家庭用脱毛器があるぐらいです。永久脱毛が目的で光脱毛しか行っていないエステに行くのは意味がありません。

医療レーザーとエステで行う光脱毛の違い

医療レーザーと光脱毛は似ているようで全く違います。どちらも肌を照射して、毛穴の中にある毛母細胞を刺激することは同じです。しかし光脱毛の出力は低く、毛母細胞を刺激しても破壊するまでの力を持っていません。毛母細胞を破壊しない限り、毛は生え続けます。

光脱毛と異なり、医療レーザーは毛母細胞が破壊されるほどの出力で毛を照射します。また医師(プロ)しか医療レーザーは扱うことができないため、誰でも容易にできるわけではありません。またアメリカの医療機器を取り締まる機関FDAで、医療レーザーは「永久脱毛できる定義」の条件を満たしています。

【FDAの定める永久脱毛の定義】

「脱毛の治療を受けて1ヶ月が経ったときに、毛の再生率が20%以下の場合」を指すようです。毛を全く破壊することはできないため個人差は出てきますが、医療レーザーは発祥の地アメリカで認められています。

エステでは永久脱毛はできないの?

レーザー脱毛を行っていないエステでは永久脱毛できないの?という疑問が出てきますが、そういうわけではありません。エステで永久脱毛を行う場合はニードル脱毛で治療することです。ニードル脱毛はエステで唯一行える脱毛方法です。ニードル脱毛は初めて永久脱毛と認められたもので、歴史もあり「永久脱毛できた」という症例も多くあります。

ニードル脱毛は毛穴1本1本に針を差し電気を流すため、肌に対して影響なく「毛母細胞だけを確実に破壊する」と永久脱毛の中でも安全で確実に永久脱毛できる方法です。現在は医療レーザーが主流になりつつあり、費用も高く時間もかかるニードル脱毛を行っているエステも少なくなってきました。しかし、ニードル脱毛は現在ある脱毛方法の中でもトップの脱毛効果を得ることができます。

エステで脱毛するときは当たり外れがある

エステで脱毛するときは「光脱毛かニードル脱毛か?」という点を確認してからいきましょう。光脱毛をしても、永久脱毛できないことを理解しているのであれば、安く減毛できる光脱毛で良いかもしれません。