ヒゲ脱毛で脱毛士が勝手にほくろの毛を脱毛することはできない

レーザー脱毛するときはほくろまで脱毛してしまうため、脱毛士が勝手に脱毛することはできません。人によってはそのほくろが自分の長所になっている方もいます。もし、ほくろの毛を脱毛するときは必ず脱毛士は患者から許可をもらう必要があります。

レーザー脱毛でほくろも一緒に消える

顔の色素に反応する光を使うレーザー脱毛は、ほくろにも反応します。そのためどのレーザーでも「ほくろが治療後に薄くなった」という口コミも多くありました。中でもアレキサンドラライト使っているレーザー脱毛がほくろを消すほどの威力を持っています。

アレキサンドライトレーザーとは?

アレキサンドライトレーザーは日本に最も多く導入されているレーザーです。そのため、どのクリニックにも置いてある可能性が高いです。主にレーザーの照射時にジェルを使わず、ガスを当てることで肌を冷やしながら照射を行ってくれます。

その効果は高く、顔にある黒いものに反応して焼ききるため、ほくろやシミを消す効果もあります。美白効果とも言われており、脱毛するだけなく照射することで肌を引き締めてくれます。

シミ・ほくろ消しは別料金になる

レーザー脱毛で行ってくれることは毛の脱毛です。レーザー脱毛でシミやほくろを消す場合は事前に別料金を払うこともあります。そのため、治療中に脱毛士が勝手に消すことができず、事前に患者の了承を得ておくことが必要です。もし、ほくろの毛を消す場合でも患者の了承が必要です。

強すぎるレーザーは後遺症も長い

多くのクリニックで用いられているアレキサンドライトレーザーは治療自体に痛みあ少なくても、後遺症が残ることがあります。治療後に毛穴が膨らんだり、炎症を起こすこともあり長い方だと1週間以上続く可能性もあります。レーザー治療自体は「永久脱毛できる」と認められていても、まだ安全性に欠ける部分があるようです。

レーザー脱毛の医療レーザーはどれも同じではない

現在日本にある医療レーザーは大きく分けて2種類あります。先ほどまで説明したアレキサンライトレーザーとダイオードレーザーです。ダイオードレーザーは出力がかなり高く、産毛まで脱毛効果が期待できます。しかしその反面レーザー脱毛の中では肌に負担のかかりやすい方法です。

医療レーザーだから安全とは限らない

医療レーザーが導入されたことで、医師(プロ)によって治療を受けることができるようになりました。しかし、医療レーザーだからといって安全とは限りません。脱毛するほどの光を肌に照射するため、副作用がないことはありません。脱毛効果の高さに応じて肌が荒れるようでは意味がないように思います。

ヒゲ脱毛5回目ですが髭が減りません。効果が無い人もいるの?

髭を減らすためには5回では足りません。どのコースも平均的に5回ほどのコースで設定しているクリニックやエステも多いですが、毛が濃い人になってくると5回では足りません。また毛の周期が原因で毛が濃くない人も再び毛が生えてきます。

毛には毛周期がある

毛には「休眠期・成長期・退行期」と3つの期間があり、この3つの期間をぐるぐる回っています。休眠期の毛穴は空っぽで毛が生えていません。従ってこの時期にレーザーや光脱毛を受けても、その毛には意味がありません。照射を伴う脱毛方法が効くのは成長期にある伸びようとしている毛にしか効果がありません。

成長期の毛は全体の2割しかない

もし目に見えている成長期の毛を全て脱毛できたとしても、それは全体の2割にしか相当しません。休眠期になっていた毛が生え始めることで毛は元通りになります。「ヒゲ脱毛しても全然減らない」と思っている方に多い症状です。

成長期の毛もしぶとい

費用も安く広範囲に脱毛効果を効かせることができる、レーザー脱毛や光脱毛は人気です。しかし、中でも光脱毛は光の出力が弱く1回の照射では、絶対に毛穴の奥にある毛母細胞(毛をつくりだす部分)を破壊できません。また、少しでも毛母細胞は残るとすぐに再生して元の状態まで回復します。

従って、光脱毛で永久脱毛することは難しいと言われています。あくまで「減毛できた」と少し感じるだけです。また、光脱毛より出力の強いレーザー脱毛は医療レーザーを使っているため、光脱毛より効果は期待できます。1度に毛母細胞へ与えるダメージが強いため、1回で毛母細胞を破壊することができなくても効果はあります。

レーザー治療でも個人差がでるのなぜ?

よくレーザー治療の口コミでは「医療レーザーでも個人差がある」と言われています。その理由に毛周期が1つの原因にあります。人の毛周期は人の感覚ではわからず、「今生えている毛はこの前まで休眠期だった毛だ」とわかれば効果的に全ての毛にレーザーを当てることができます。

しかし、常に同じ毛に当てていたらいつまでも休眠期の毛に当たるまで時間がかかります。成長期の毛を完全に脱毛するまでにしか、休眠期が終わった毛がどれかわかりません。

確実に毛が減る方法はニードル脱毛

ニードル脱毛は一度の治療できる箇所が狭いため、時間も費用もかかります。しかし、1度で確実に毛母細胞を破壊するため、たとえ1度に1~2割程度しか脱毛できなくても、その部位から生えなくなることは確実です。

そのため、常に成長期に入る毛に破壊続けられるため脱毛に終わりがあります。ニードル脱毛が永久脱毛方法で認められている理由でもあります。もちろん、毛1本1本針を差すため痛みや一気に治療できないデメリットを考えたうえで検討してみましょう。

ヒゲ脱毛の平均回数は?何回通院すれば終わるの?

ヒゲ脱毛で「ヒゲがなくなった」と思う通院回数の平均は脱毛方法によって変わってきます。光脱毛であれば、10回、レーザー脱毛なら5回ぐらいが平均となっています。ニードル脱毛は回数より、行う脱毛方法が1本ずつなので期間でいうと2~3年程度と言われています。

ヒゲ脱毛は徐々に行っていく

1回の通院でヒゲは脱毛できません。そのため、1番通院回数の少ないレーザー脱毛でも「脱毛できた」と実感が沸くまで5回は必要になります。そのため、クリニックやエステではレーザー治療を1回いくらでなくセットとして「5回でいくら」と形で価格を設定しています。

1番通院回数が多いのはニードル脱毛

ニードル脱毛は毛1本1本に針を差していくため、永久脱毛ができる確実な方法です。しかし、デメリットに時間がかかることがあります。一般的に鼻下と顎下の毛を脱毛することを考えると3000~5000本ほどと言われております。一度の施術で300本の毛を脱毛すると考えると最低でも10回以上は必要になります。多い方はは20回近くの通院が必須となり、他の方法より圧倒的に多いことがわかります。しかし、「永久脱毛」ができる方法なのでそのための時間は仕方ありません。

ヒゲの中でも時間のかかる部位は鼻下と顎

ヒゲといっても様々な部位があります。鼻下・顎・口下・頬・エラとあり、どの部分も同じ回数の通院で全部脱毛できるわけではありません。中でも、鼻下と顎のヒゲは最も時間のかかる部位です。

この2つの部位は毛根や毛母細胞が強く、光・レーザー脱毛で他の部位以上の照射が必要です。そのため、どのクリニックでも実感力を上げるために回数無制限にしたコースを用意しています。それだけ、厄介な毛があることを意味しています。

ヒゲ脱毛はどれくらいの期間が必要?

ヒゲは2週間~1ヶ月の間で毛が生え変わります。その期間を考えると1年間に10回近くは脱毛する必要があります。どの脱毛方法も「生まれ変わらなくなるようにする」ための治療のため、生え変わるタイミングが重要です。従って、レーザー脱毛は5回ということからも「脱毛できた」と実感がわくまで短い方は半年と言われています。

毛は脱毛しても生えてくる

レーザー脱毛や光脱毛の場合は個人差に左右されるため、「絶対に脱毛できる」という保障はありません。そのため、時間のかかるニードル脱毛でも確実に永久脱毛できるため、一生涯に通院する回数は結果的に少ない可能性が高いです。

ヒゲ脱毛前は髭を深剃りして行かない方がいい

結論から言うと、ヒゲ脱毛前に深剃りをしても問題ありません。しかし、治療に問題なくても、治療後の肌荒れが悪化する可能性があります。また毛を残しておくことが大事なため、ヒゲ脱毛前に抜くことは避けましょう。レーザー脱毛や光脱毛はメラニンの色素に反応するため、毛がない場所には意味がありません。

ヒゲ脱毛は髭を残すことが大切

ヒゲ脱毛の効果を高めるために、毛を残しておくことが大切です。中でも、毛を抜いておくことはヒゲ脱毛前の準備として逆効果です。

光脱毛やレーザー脱毛はメラニンに反応する

光を照射する光脱毛やレーザー脱毛はどちらもメラニンに反応する光を照射します。そのため、毛を抜くことで光が毛に反応しなくなり上手くいかない可能性が高いです。

さらに深剃りして肌にダメージを与えない

もしあたなが、深剃りして肌が傷つきやすく荒れてしまう方はヒゲ脱毛前に深剃りしない方がいい。これは機械が反応しづらくなる以前の問題で、肌が荒れた状態で光脱毛やレーザー脱毛を受けると、さらに肌荒れを悪化させます。いくらメラニンだけに反応する光でも、治療後に肌が一時的に腫れや炎症を引き起こします。

口周りは荒れやすい

常にヒゲを生やす口周りは、デリケートな存在でもあります。人は守るべきところに毛が集中するため、ヒゲを剃ることで剃った部分が敏感になりやすくなっています。脱毛の効果に問題なくても、治療後に問題が出る可能性が高いです。必要であれば、治療前にパッチテストを行うことをおすすめします。

治療後の安全性はニードル脱毛が高い

治療後の腫れや痛みの安全性に関してはニードル脱毛がおすすめです。治療後に少しヒリヒリしますが1日程度で収まることや、肌に対してダメージを与えず、毛穴のみ効果があります。脱毛方法の中でも確実に永久脱毛でき、さらに安全性も高いことで有名です。

治療後を考えて肌に刺激を与えない

ヒゲ脱毛することを考える上で、治療後のことを考えておくことも大切です。治療に問題なくても、治療の後遺症が残ってしまうのは致命的です。脱毛は普通の状態でも肌に負担がかかる治療のため、治療前にあえて肌を傷つけるような深剃りは避けるべきです。また、光脱毛やレーザー脱毛は日焼けした肌にできないと言われており、いかに肌が通常の状態いることが大事であることを意味しています。

ヒゲ脱毛後に肌が赤く腫れてしまう場合の対処法

ヒゲ脱毛後に腫れたときは冷やすことや保湿することで抑えることができます。その炎症の原因は乾燥やレーザー照射による火傷からきています。中でも肌が弱い方はレーザーの出力を下げても赤く腫れてしまいます。そのため、ヒゲ脱毛後には必ず対処しないといけません。

ヒゲ脱毛後に腫れたときの対処方法

ヒゲ脱毛は毛を照射して毛根を焼ききるため、相当なダメージを肌に与えます。そのため毛根が強い方や毛が濃い方は出力が強くなり、肌が傷つき腫れます。

オロナイン軟膏で殺菌と保湿

家庭の常備薬にオロナイン軟膏があります。ヒゲ脱毛で肌が赤く腫れる際に、肌のバリア機能が低下して菌が入り込んだことが理由になる可能性があります。その際の対処方法にオロナイン軟膏が向いています。また保湿も同時に行ってくれます。クリニックでも脱毛後にアフターケアをすることをおすすめされます。

アフターケアにおすすめのメンズコスメ

赤みがなくなっても保湿は大切

ヒゲ脱毛後3日ほど肌が赤く腫れます。腫れが引いた後も肌のバリア機能が完璧に戻ったわけではありません。脱毛後は数週間かけて毛が抜けてきますが、毛が抜けて肌があらわになるため乾燥しやすくなります。そのため、保湿は継続して行う必要があります。

それでも赤みが止まらないとき

以上の方法でも赤く腫れが止まらない場合は、皮膚科に行きステロイド外用薬を処方してもらいましょう。ステロイド系は副作用が気になってしまい使いたがらない方も多いですが、短期間で多用することを控えれば、すぐに治すことで副作用を抑えられます。

赤みや痒みで手で肌を触れるよりはダメージを最小限に抑えるためにはステロイド外用薬を使うことも止むを得ないこともあります。

赤みや一時的でもヒゲ脱毛する度に肌は荒れる

ヒゲ脱毛後に肌が荒れることは一手時期でも、ヒゲ脱毛の治療を受けるたびに肌が荒れます。そのため、ヒゲ脱毛の治療も効果的にヒゲが脱毛できるものを受けましょう。肌は年齢を重ねていく度に再生能力も下がってくるため、大切に扱っていきましょう。

また治療方法が最新になればなるほど、治療後の赤みや腫れを抑えられるものばかりです。「ヒゲ脱毛を受けたい」と思っている方の中で少しでも肌が弱いと思う方は最新の治療方法を受けることをおすすめします。

肌が強いと思っていても、一度照射テストを受けて肌の刺激を体験したほうが良いでしょう。

髭の永久脱毛ができる脱毛クリーム・除毛クリームはありますか?

脱毛クリームや除毛クリームで永久脱毛はできません。どちらも毛を溶かす成分は含まれており、毛を処理することには向いています。しかしどちらも毛穴の奥にある毛母細胞を破壊できるほど、強力なものではありません。

脱毛クリーム・除毛クリームの効果

どちらも、毛を処理するために使われます。そのため、どちらも毛を溶かして短くします。剃るより毛先が丸くなり、肌触りが良いため多用している方も多いです。

どちらの成分内にもたんぱく質を溶かす成分が含まれており、成分のほとんどがアルカリ性で表面に生えている毛を全て溶かします。

なぜ脱毛クリームや除毛クリームで永久脱毛できないの?

毛を溶かすほどの成分が配合されていても、毛の根元を溶かすほど強力なものではありません。従って、どちらのクリームも毛を溶かすことには優れていても、毛を作り出す毛母細胞には無意味というわけです。

塗り続けることで肌がツルツルした状態を保てる

どちらのクリームも塗り続けることで毛を処理し続けることができます。しかし、どれだけ塗っても毛は生え続けるため、脱毛効果は髭剃りと差はありません。変わるのは肌触りだけです。

抑毛ローションとの違いは?

毛を薄くするために抑毛ローションを塗っている方もいますが、抑毛ローションをいくら塗っても毛が薄くなることはありません。そのため、毛の処理に向いておらず、抑毛ローションができることはせいぜい肌をしっとりと保湿させることぐらいです。

肌に刺激が少ないため、塗っている感覚は抑毛ローションの方が使いやすいかもしれません。

脱毛クリーム・除毛クリームは肌荒れの原因になる

除毛クリームや脱毛クリームは毛のたんぱく質を溶かすために効果的ですが、塗ることで溶けているものは、毛だけではなく肌のたんぱく質も溶けてしまいます。

肌のタンパク質が溶けることによって乾燥しやすくなり、皮脂の過剰分泌による皮脂詰まりやニキビといった肌荒れを起こします。そのため、使用上の注意にも顔やデリケートゾーンに使わないように記載しているものもあり、使ったとしても自己責任となります。

脱毛クリームや除毛クリームを使うより脱毛したほうが安い

脱毛クリームや除毛クリームのように刺激もあり、終わりのこないことをするより、永久脱毛で髭を脱毛したほうが安く済みます。一時的にかかる費用は高くても長い目でみれば、脱毛のほうが安くなります。また、脱毛は年齢を早ければ早いほど元が取れるとも言われており、無駄に他の処理方法にお金をかけることを避けられます。

永久脱毛した髭をもう一度生やすことはできませんか?

結論から言うと生える可能性はあります。ただニードル脱毛やレーザー脱毛のように、毛を生成する毛母細胞を完全に破壊する治療法で脱毛を行った場合は可能性は低いです。しかし「もう一度生やしたい気持ち」があるのなら光脱毛で脱毛することをおすすめします。

もう一度生やしたい気持ちが残っているなら光脱毛

脱毛方法の中でも、永久脱毛として認められているものはニードル脱毛とレーザー脱毛です。中でも個人差に関係なく脱毛するニードル脱毛は効果が1番あります。光脱毛は永久脱毛として認められておらず、通院し続けることで脱毛ができる「終わりのこない脱毛方法」です。そのため、通院を止めるだけで自然と毛が再び生えてきます。

永久脱毛ではもう一度はやすことは難しい

永久脱毛と認められているものでも、アメリカのFDAにの基準を満たすものを言いその定義が「脱毛の治療後から1ヶ月ので毛の再生率が20%以下の場合」ということを指します。そのため、たとえ、永久脱毛と認められているものでも、「一生生えない」というわけではありません。しかし人によっては全く生えることがない方もいます。

すぐに髭を生やしたいなら植毛

この場合はニードル脱毛やレーザー脱毛で永久脱毛した方におすすめする方法です。どちらも「〇年で生えてきます!」と断定することはできないため、急ぎで髭を生やしたなら植毛です。費用は脱毛以上にかかるため、脱毛した後にすることはおすすめすることはできません。世の中には髭が生えなくて、「髭を植毛して生やしたい」と思っている方も多いです。

髭を生やすためにAGAの商品を使っても意味がない

もう一度髭を生やすためにAGAのように髪を生やす商品を使うことは止めましょう。AGAの商品は毛母細胞があることで効果が期待できるため、もう毛母細胞のない永久脱毛した方にとっては効果は期待できません。また、成分内には血行を促進させる成分があり、髭に塗ると刺激が強く肌荒れを起こす原因にもなります。

髭を永久脱毛しても後悔することはない

髭を永久脱毛するために、1度の通院ではできません。もしあなたが「永久脱毛」できるまで通院できたなら、それまでに覚悟が決まっていることを意味しています。

永久脱毛できるまで、最低でも1年以上はかかるためその間で何度か考え直すチャンスはあると思います。永久脱毛できることで肌荒れがなくなったり、髭を剃ることがなくなり時間の余裕もできたことを体験できます。

その「得たもの」と天秤にかけても永久脱毛したことを後悔することはないように私は思います。

髭の永久脱毛で「エステ」に通ってはいけない理由

髭を永久脱毛するときはそのエステにニードル脱毛があるか確認しましょう。「エステに行ってはいけない」という理由に、光脱毛しか行っていないことがあります。光脱毛で永久脱毛をすることは到底できません。そのため永久脱毛したいなら、はニードル脱毛か医療レーザーを使ったレーザー脱毛にしましょう。

エステで光脱毛しても永久脱毛できない

光脱毛は脱毛方法の中でも手軽で治療方法が簡単なため、医師(プロ)でなくてもできてしまいます。そのため、現在では家庭用脱毛器があるぐらいです。永久脱毛が目的で光脱毛しか行っていないエステに行くのは意味がありません。

医療レーザーとエステで行う光脱毛の違い

医療レーザーと光脱毛は似ているようで全く違います。どちらも肌を照射して、毛穴の中にある毛母細胞を刺激することは同じです。しかし光脱毛の出力は低く、毛母細胞を刺激しても破壊するまでの力を持っていません。毛母細胞を破壊しない限り、毛は生え続けます。

光脱毛と異なり、医療レーザーは毛母細胞が破壊されるほどの出力で毛を照射します。また医師(プロ)しか医療レーザーは扱うことができないため、誰でも容易にできるわけではありません。またアメリカの医療機器を取り締まる機関FDAで、医療レーザーは「永久脱毛できる定義」の条件を満たしています。

【FDAの定める永久脱毛の定義】

「脱毛の治療を受けて1ヶ月が経ったときに、毛の再生率が20%以下の場合」を指すようです。毛を全く破壊することはできないため個人差は出てきますが、医療レーザーは発祥の地アメリカで認められています。

エステでは永久脱毛はできないの?

レーザー脱毛を行っていないエステでは永久脱毛できないの?という疑問が出てきますが、そういうわけではありません。エステで永久脱毛を行う場合はニードル脱毛で治療することです。ニードル脱毛はエステで唯一行える脱毛方法です。ニードル脱毛は初めて永久脱毛と認められたもので、歴史もあり「永久脱毛できた」という症例も多くあります。

ニードル脱毛は毛穴1本1本に針を差し電気を流すため、肌に対して影響なく「毛母細胞だけを確実に破壊する」と永久脱毛の中でも安全で確実に永久脱毛できる方法です。現在は医療レーザーが主流になりつつあり、費用も高く時間もかかるニードル脱毛を行っているエステも少なくなってきました。しかし、ニードル脱毛は現在ある脱毛方法の中でもトップの脱毛効果を得ることができます。

エステで脱毛するときは当たり外れがある

エステで脱毛するときは「光脱毛かニードル脱毛か?」という点を確認してからいきましょう。光脱毛をしても、永久脱毛できないことを理解しているのであれば、安く減毛できる光脱毛で良いかもしれません。

髭の永久脱毛の体験・お試しだけで毛は生えてこなくなりますか?

体験はお試しで毛が生えなくなることはありません。1回の治療で生えなくなることはありませんが、毛が治療後に脱毛されることはあります。もともと、どの脱毛方法も何回も通うことで効果が出てきます。

1回で永久脱毛を体験しても効果はない

永久脱毛は通い続けることに効果があります。中でもレーザー脱毛や光脱毛は通わなくなると、個人差はありますがすぐに生えてきます。最低でも効果が実感できるまで最低5回は必要と言われております。

一回行って実感できることは、治療後に毛が抜け落ちてくるだけの感覚だけの話になります。

レーザー脱毛や光脱毛なら回数無制限がお得

お得だと思って体験やお試しを受けることは大事ですが、「一回で永久脱毛できる」と思ってはいけません。中でも、毛が濃い男性は回数が多くなってきます。そのため、レーザー脱毛・光脱毛なら「脱毛できた」と感じれるまで無制限に通えるコースがおすすめです。

期間が2~4年と決まっていますが、その間で「脱毛できた」と感じることはできます。

光脱毛は永久脱毛ではない

レーザー脱毛やニードル脱毛は「永久脱毛」とアメリカの機関から認められています。しかし、光脱毛で永久脱毛できるわけではありません。治療を止めるとほとんどの方が脱毛した部分から毛が生えてきます。そのため、ずっとツルツルの状態をキープするためにはずっと通い続けないといけません。

レーザー脱毛は個人差が出やすい

レーザー脱毛は「永久脱毛」と認められていても、治療法は光脱毛と同じように光を使っています。光脱毛より出力が高いため、脱毛効果は高いです。しかし、毛母細胞に直接ダメージを与えているわけではないため治療後の永久脱毛の効果には個人差が出てきます。

そのため、「確実に永久脱毛できる」と言われている脱毛方法はニードル脱毛のみと言われています。

効果がなくてもお試しを受ける意味

レーザー脱毛や光脱毛を体験することに意味があると思われています。1度の治療でも脱毛することはできます。もちろん、生え変わるタイミングで再び生えてきます。毛を抜くよりは毛穴に対して刺激を少なく済む可能性はあります。しかし、どちらの治療にも使われているレーザーや光は肌荒れを一時的に悪化させる可能性があります。

お試しで脱毛する感覚を理解する

お試しや体験の最大のメリットは脱毛する感覚を理解することにあります。人の感覚として、脱毛するほどの光の強さや痛みなどをわかることも大事です。レーザー脱毛や光脱毛はずっと通い続けることになるため、一緒の痛みに耐えられか?と遊び心で受けてみても良いと思います。

髭の永久脱毛は医療レーザーを採用しているクリニックを選ぼう

永久脱毛の許可を得ているものは、ふつうのレーザーより医療レーザーが多いです。今一般的に「永久脱毛」と言われているものはニードル脱毛しかありませんが、医療用レーザーであれば、厚生労働省が認めているものがあります。

医療レーザーはFDAが認めている

私が脱毛方法の中でも、医療レーザーを勧める理由はFDAが認めているからです。FDAはアメリカの食品医薬品局のことを指します。レーザー治療の発祥国アメリカで、消費者に扱うための安全性や効果を検証し取り締まっている機関です。その判断に厳しい機関で医療レーザーは「永久脱毛できる」と基準を満たしているそうです。

その基準は「3回のレーザー照射後から6ヶ月ほどで70%近くの毛が減っていること」を永久脱毛と定義しております。その基準を見事に満たしたものが医療レーザーです。

永久脱毛は一生という定義ではない

言い訳のように聞こえてしまいますが、永久脱毛の定義は「一生生えてこない」というわけではありません。脱毛には個人差が出てくるため、人によって「全く生えなくなる」という方もいらっしゃいます。

医療レーザー脱毛は太い毛に効果が高い

医療レーザーのメリットはメラニンのみ反応する光を使っていることにあります。そのため、毛の太さによって、脱毛効果が変わってくる可能性があります。中でも、太い毛のように、メラニン色素がしっかりしていると照射する際に光を浴びやすい状態になっています。そのため、毛穴の奥にある毛を作りだす毛母細胞に効きやすくなります。

レーザーの痛みは我慢するべき

脱毛方法の中でも、ニードル脱毛が1番痛いことで有名です。しかし、レーザー脱毛も一切痛みを伴わないわけではありません。そのため、治療中に「痛かったら手を挙げてください」と歯医者さんで言われるようなことを言われます。しかし、これは照射するレーザーの出力を下げられるため、できる限り我慢することが大事です。「レーザーの痛み=脱毛効果」と考えておきましょう。

補足:我慢し過ぎても注意

肌にレーザーを照射しているため、施術後に肌が一時的に荒れます。その一時的な肌荒れがレーザーに出力によって悪化します。一時的な我慢になりますが、治療後に肌が荒れることを望まない方には我慢のし過ぎは注意です。

ニードル脱毛よりレーザー脱毛が良い

現在ある脱毛方法の中で、1番効果が高いものがニードル脱毛です。そのため、費用も高く治療も痛いです。あまりの痛さに治療を断念する方もいるようです。そのため、痛みが苦手の方はレーザー脱毛の方が向いています。